So-net無料ブログ作成
-| 2011年08月 |2011年09月 ブログトップ

この魚、何の魚??

RSCN2054.JPG
この魚、いったいなんて言う名前なのかまったく謎です。
ベトナムで採集した魚の中で、調べても唯一名前が分からない謎の魚。
体長は小さいもので1㎝弱、大きいものは2㎝あるかないか。パッと見はメダカだがメダカとは違う点も・・・。


ジャワメダカを狙っていたら偶然尾の付け根が赤い色をした魚が網に入り、その見ためから始めはメダカの一種だと思っていました。たぶんメコンメダカだろと・・・
が、しかし直ぐに現地で調べたところ、明らかにメコンメダカではないと判明。(体つきや発色の違い)
じゃあ、何だ?と分からないまま他の魚を採集し続けた。
きっと何かの稚魚だろ、なんて思っていたら次の日に捕れた個体が↓の画像です。

目をほそめて見てください。お腹の部分に何か見えませんか?
DSCN0863.JPG
DSCN08633.jpg
卵です!!
これ卵に見えませんか?写真がお粗末ですが実際はもっとはっきり確認できました。
という事は、もしかして卵生メダカか?だとしてもこんなタイプ見たことが無い。
もし、これで成魚ならかなり小型な種に入るはずです。

DSCN1929.JPG
上から見た画像。右となりのちっこいのはグッピーの稚魚です。

メダカと違う2つの特徴。
まず1点目、下顎あたりが何かおかしい。↓
RSCN1174.JPG
これは病気では無く空腹でお腹がへこむと大体の個体は、このように下顎が出っ張った感じになります。もしかしたら雄雌の違いかもしれません。ちなみに口は結構大きく開きます。

2点目、背びれが2枚。
RSCN1751.JPG
これは日本に持ち帰ってから気づきました。それまで背びれの位置からメダカの一種だとばかり思っていましたが、知っている限り通常メダカには無い2枚目の背びれのような物があり、メダカ説が薄れてしまいました。
尾の形や鰭の枚数から今は、レインボーフィッシュの仲間ではないかと思っています。
けど、レインッボーはどれも結構派手だし・・・こんなシンプルなレインボーフィッシュなんているのか?

この魚は、いったい何者なのか?
RSCN1687.JPG
メダカ?レインボー?それともまったく別の魚類に属しているのか?
はたまた未確認の新種なのか?
ただ単に輸入経路に入っていないだけなのか?世界のメダカガイドにも載っていませんでした。

細長い体に大きな頭と目を持つ。ミャンマー原産のドラキュラフィッシュに似てもいるが背びれなどが違う。

この魚の正体を知っている人、このブログ読んだら是非おしえてくださーーーーーい。
お願いします。

ベトナムの魚たちpart2 [ワイルドグッピー]

グッピー.jpg
ベトナムで採集した最も奇麗なワイルドグッピー。
また、グッピーを飼い始めたくなるのと同時にこのブログを始める切っ掛けにもなったワイルドグッピーたちです。


wild1.jpg
グッピー2.jpg
wild5.jpg
wild.jpg
日本でもワイルドが捕れたりしますが、これほど発色の強い物はまだ見たことがありません。
ワイルドグッピーは見る角度によって大分差があり、写真では奇麗なんだけど実物はかなり地味だったりして、がっかりした経験は数えきれないほどしてきました(笑)
けど、このこたちは本当に奇麗です。この色彩幅の広さ・・・いったい何色もってるんだ。
自前のデジカメではこんな写真しか撮れませんが実物はかなり原色です。目にしみるほど各色がべったりと濃い。さすがアジアといった感じです^^

この色彩は何に似てるんだろ?メヒコ?アンモライト?


wild6.jpg
虹.jpg

ん〜ピントのあった奇麗な写真が撮りたいな〜(汗)





ベトナムの魚たちpart1 [ワイルドグッピー]

DSCN0968.JPG

ベトナムで採集して来たワイルドグッピー。
今回は3カ所で採集してきたが、その中で2番目に強い発色を見せる場所で捕れた個体群です。
場所は水辺に育つ空芯菜畑。結構な数が泳いでいました^^


DSCN0980.JPG

捕りたてのワイルドグッピー。発色の強い個体を選んでいるところ^^


DSCN09777.jpg

太陽の下で見ると、本当に奇麗だなぁ。
水槽の中ではこの輝きは薄れてしまう・・・何故なんだ?ライトがいけないのかな(?_?)


nizi3.jpg

一番大きかった個体。25ミリ超え。


nizi.jpg

このポイントではトップソード系が目立ちました。


DSCN1301.JPG

メスまで・・・^^;



-|2011年08月 |2011年09月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。