So-net無料ブログ作成
ワイルドグッピー ブログトップ

久しぶりに。 [ワイルドグッピー]

すごく久しぶりに写真をあげます。
すっかり忘れさられたベトナムワイルド。笑
一応は維持しています。
ちゃんと管理ができていないせいか、近親交配のせいか、
全体的に弱体化している感じがします。
新しい血を入れずに維持するには、どうしたらいいのでしょうか?
外国産のモザイクグッピーなんか見てると、
昔からあの色彩で変わらないけど、激しい選別をしているのでしょうか?
現地の養殖場で新しい血を入れてとかって事をしてるとは思えないけど、
実際のところは、どうなのでしょうか。

写真は現在のベトナムワイルドです。
イメージしていた表現が現れるようになりました。
やはり好きです、この孔雀の羽のような色彩。
wldgpy161230_2.jpg

青水飼育は難しい。 [ワイルドグッピー]

夏の間、グッピーたちを採集した場所と近い条件にしようと思い、外で濃い青水を作って飼育していました。青水で体色がひときわキラキラしてくれればと思っていたのですが、この青水て結構くせ者なんですね!?一旦、室内に慣れた子たちは青水になると調子が悪くなりバタバタと落ちました。。
そんなこともあって10月に入り室内に戻すときは青水ごと水槽に移動しました。換水でだんだんと更水にしていったのですが、上記と同じで [ 青水→更水 ] 落ちる子が出てきます。どうしたら上手いこと飼育できるんですかね?
皆さんはどうされてるんですか?何かコツみたいなのがあれば是非教えてほしいです!
IMG_0740.JPG
IMG_0753.JPG
IMG_0761.JPG

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

くせ者の青水でしたが、おかげで体色は上がりました。特に赤の濃さはすごいです!
青水パワーあっぱれです!!
写真はすべてストロボなしで撮りました。水槽内でもこう見えます。
IMG_1140.JPG
IMG_1158.JPG
IMG_1171.JPG
IMG_1207.JPG

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっとおもしろい(?)タイプ
もともとこいつらメラニンが濃い集団なんですが、そのなかでも特に濃いのがいます。
生育していた場所柄からしてエンンドラーズは入っていないと思います。
IMG_1334.JPG
IMG_1336.JPG

ベトナムワイルド、元気です。 [ワイルドグッピー]

時間が経つのは早いもんですね。
グッピーを持ち帰ってから一年が経ちました。

冬はフーターなし夏は外で高温にさらされる。そんな環境でも元気に育つ子は育ってくれるんですね。もちろん落ちる子もいますが、それでいいのかもしれない?結果、淘汰で強い子が残ってくれれば、、、。残酷でも生き物を飼うこと事態そういうことなのかもしれないと思っています。それにあまり増えすぎても困っちゃいます(笑)

いつまで続けられるか分からないが、これからもラインブリードにこだわり気に入った子を繁殖していこうと思います。やっぱり背鰭に色がのる子は見応えがありますね。選別でちらほら色付き背鰭が増えた気がします。

さて、下の写真は同一個体も含め数パターンいます。
何パターンいるか分かりますか?(笑)
「みな同じじゃん、なんて言わないでください!」飼い主には違って見えるのです(笑)
1.jpg
興奮するとメラミンが強くなるようです?8.jpg
2.jpg
5.jpg
この発色が一番好きです。キラキラと水槽内で泳ぐ姿は何とも言えず癒されます。4.jpg
7.jpg
6.jpg
emerarudo.jpg

2012新たな目標 [ワイルドグッピー]

wildguppy11.jpg
ベトナムwild F1

去年はベトナムで何種類かの魚を採取してきたが、そのなかでもグッピーは大変だった・・・
現地の友人を通じてグッピー養殖場で酸素ガスを入れてもらい飛行機に乗ること6時間、無事に日本到着。心配していた魚の状態も凄く良くて一安心。
その後、自宅で水合わせをするわけだが、今思えば本当に軽率だったと反省。
予想よりも状態が良かったことで安心が油断へとかわった。
翌日、水槽を見るとみんな尾をたたんで、くねくね泳ぎ。そう、水合わせに失敗。なんとも初歩的なミス・・・
その瞬間「全滅」の二文字が頭をよぎり大慌て!!とにかくそれだけは避けなければならない。
家中のプラケやバケツを全部引っ張りだしグッピーをできるだけ個別にして入れた。
こうしておけば、たとえ落ちてもそこから伝染して広がることを避けられると思ったからだ。
それぞれにエアーをし塩や薬も使い祈る思いで様子を見守る。
一度崩れだしたら止まらないのがグッピー。バタバタと落ちていく(涙)
日に日に動かなくなったのが山積みになっていく。これは二度と見たくない光景だ。
結果ほぼ全滅したがそれでも、個別にしていた甲斐があったのか数匹が復活してくれた。
そこから得られたF1たち。親には大変な思いをさせてしまった分、このコらは大事に飼育しなければ。
みんな同じ位置にスポットが出るけど少しの違いで雰囲気が結構変わるように思う。
wildguppy19.jpg
wildguppy14.jpg
wildguppy13.jpg
メラニン!?顔、怖いんですけど w
wildguppy20.jpg
なぜか上のレッド系とこのグリーン系が半々ぐらいの割合で現れる。
wildguppy17.jpg
wildguppy18.jpg
と、こんな感じでグッピーは順調。数も大分増えて落ち着いているので、新たな目標は同じく去年の採取魚スリースポットグラミーの繁殖。
飼育も繁殖も容易とされる魚だが、そこはワイルド。ショップにいるブリード物のようにはいかない。
飼育し始めて5ヶ月弱たつが、未だに落ち着かない。餌にも水にもうるさい。
ブルーグラミーでおなじみの魚だが地域変異もありベトナムのはオレンジ系が強い。
婚姻色の出たオスは更に色を増し改良種にはない素晴らしい発色を見せる。
写真はまだまだ本気じゃないオス個体。このコらの本気になった姿を早く見たい。
3スポット.jpg
3スポット1.jpg





記憶の記録と謎の固定率 [ワイルドグッピー]

wildguppy4.jpg
データ的に、できるだけ奇麗な写真を残そうと思っても、なかなか撮れない。
角度を決め、狙いを定めるがそれでも、撮れない時は撮れない。
そんな時は、決めず定めず、で撮れたりする。
思い通りにならないグッピー飼育と同じ。


wildguppy3.jpg
このコと下のコはベトナムで採集した思い出深いwild
もともとの生息圏が隔離された場所だったせいか、採れたコは皆同じバリエーションをしていた。
赤の入り方に少しばらつきはあるものの、前、中、後、と決まって三つのスポットが入る。
全体がグリーン系に染まるコもいるが、それだってスポットの数や柄はほぼ同じ。
人の手が入っていないはずなのにこの固定率には正直おどろいた。
なぜ、このバリエーションに落ち着いたのか、凄く不思議で興味深い。
例えば一つの水槽で自然繁殖しても、元が固定されていなければ、色んなバリエーションになると思うが、、、どうなんだろ?
この謎の固定率は多くの♀がこの色彩や柄を気に入った結果なのか、それともたまたまこの♂が他よりも健康で強かったから子孫を多く残せた結果なのか、謎である。
グッピーの場合♀が♂を受け入れる条件みたいなものてあるのかな?
だとしたら何だろ?

これだけの固定率ならば、きっと金太郎飴のように子がとれると期待していたが、思い通りにはいかないもの。


F1も立派になってきた。しかし、なかなか親程の色彩には至らない。
やはりスポットの位置は同じだが楕円状に伸びていたり、赤の量が少なかったり又は薄かったりしている。レモンイエローの発色も同様。
グッピー飼育は思い通りにならないから、楽しいのかもしれない。
wildguppy6.jpg
胸元に色気ボクロが入る美人さん^^


はい、ポーズ! [ワイルドグッピー]

wildguppy5.jpg
2系統中、1系統のワイルドグッピー・・・

を全部まとめてオークションに出してしまった。

色彩豊かで気に入ってはいたが、水槽をこれ以上増やすこともできない。今は、メインのワイルドグッピー以外に3種類魚がいるので、そいつらの繁殖スペースも確保しなくては・・。
特にジャワメダカはグッピー並みの繁殖力。天晴!!
悩んだ末にワイルド1系統を全出品。お金を出してまで欲しいと思う人ならきっと大事に飼育してくれると考えたから。ほしいのはマニアの人くらいだろ(笑)
まぁ、この系統はろくに稚魚も取らなかったし、これで良かったと思う。
いつの日か、このこらの子孫や血を引く子が里帰りしてくれて、さらにワイルドグッピーの輪が広がれば大成功。^^






ベトナムの魚たちpart2 [ワイルドグッピー]

グッピー.jpg
ベトナムで採集した最も奇麗なワイルドグッピー。
また、グッピーを飼い始めたくなるのと同時にこのブログを始める切っ掛けにもなったワイルドグッピーたちです。


wild1.jpg
グッピー2.jpg
wild5.jpg
wild.jpg
日本でもワイルドが捕れたりしますが、これほど発色の強い物はまだ見たことがありません。
ワイルドグッピーは見る角度によって大分差があり、写真では奇麗なんだけど実物はかなり地味だったりして、がっかりした経験は数えきれないほどしてきました(笑)
けど、このこたちは本当に奇麗です。この色彩幅の広さ・・・いったい何色もってるんだ。
自前のデジカメではこんな写真しか撮れませんが実物はかなり原色です。目にしみるほど各色がべったりと濃い。さすがアジアといった感じです^^

この色彩は何に似てるんだろ?メヒコ?アンモライト?


wild6.jpg
虹.jpg

ん〜ピントのあった奇麗な写真が撮りたいな〜(汗)





ベトナムの魚たちpart1 [ワイルドグッピー]

DSCN0968.JPG

ベトナムで採集して来たワイルドグッピー。
今回は3カ所で採集してきたが、その中で2番目に強い発色を見せる場所で捕れた個体群です。
場所は水辺に育つ空芯菜畑。結構な数が泳いでいました^^


DSCN0980.JPG

捕りたてのワイルドグッピー。発色の強い個体を選んでいるところ^^


DSCN09777.jpg

太陽の下で見ると、本当に奇麗だなぁ。
水槽の中ではこの輝きは薄れてしまう・・・何故なんだ?ライトがいけないのかな(?_?)


nizi3.jpg

一番大きかった個体。25ミリ超え。


nizi.jpg

このポイントではトップソード系が目立ちました。


DSCN1301.JPG

メスまで・・・^^;


ワイルドグッピー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。